2009年05月16日

書評:父の詫び状

父の詫び状.jpg

 
 皆さん、当然ご存知でしょうけれども、
 僕は毎日、こうやってメルマガを書いているじゃないですか。
 
 メルマガを書き始めて600回にもなりながら、今更ですが。
 
 
 文章執筆の参考になればと思って、古今東西の、
 いわゆる「名コラム」というのを読んでみようと思ったわけです。
 
続きを読む前に




 
 僕のメルマガが何に近いかといえば、いわゆるコラムやエッセイです。
 
 『都会育ちの田舎暮らし』は、ビジネスに役立ったり、
 最新の投資情報が得られたり、異性にもてたりするような、
 特定の役立つことがあるわけではない、一般人コラムメルマガですから。
 
 ですから、コラムやエッセイの分野で、名文と誉れ高い文章を読めば、
 いろいろとメルマガを書く上でも役に立つのではないか。
 
 
 などと思い、アマゾンで適当に「名コラム」との誉れ高い書籍を、
 20冊ほど買ってみたんですね。
 
 
 
 で、ざーっと読んでみたんですが。
 
 
 
  つまらねえ (゜△ ゜)
 
 
 
 一読者として(メルマガ発行者としての自分を棚に上げて)
 正直な感想を言わせてもらえれば、
 そのほとんどが、なぜこんなものが本になるのか分からない。
 
 とても読めたものじゃないなぁ、と思ったわけです。
 
 
 しかし。20冊ほど買った本の中に、ひとつ、
 これはすげえエッセイだなと感心させられたものがありました。
 
 古今東西のエッセイの中では、
 その本がどのくらいの位置にあるのかは知りませんけれども。
 
 僕が買った20冊の中では、圧倒的にその一冊が面白かった。

 この本を買えただけでも、やたらめったらに、20冊もの
 エッセイ集を買った価値はあるのではないかと思いました。
 
 
 
 
 
 ってことで、毎週土曜日は書評の日。
 
 今日ご紹介する本は、向田邦子著『父の詫び状』です。
 
 
 
 
 
 向田邦子さんは、僕の予備知識では「飛行機事故で亡くなった人気脚本家」
 くらいの印象でしかなかったんですが。(僕が2歳のときに亡くなった)
 
 『父の詫び状』を読んで、イメージが変わりました。
 
 
 この人、文章めっちゃ上手い。
 
 
 脚本家としてどれだけ凄いのかは知らないけれども、
 とりあえず、エッセイはめちゃめちゃうまい。
 
 
 さて。
 
 いつも書評で取り上げているようなノンフィクション系ならば、
 内容をいろいろ説明することも出来るのですが。
 
 『父の詫び状』はエッセイ集なので、とりたてて説明することがありません。
 
 
 
  著者自身が体験による、昭和の家庭が舞台となった、
  とても面白いエッセイ集です。ぜひ読んでみてください。(゜▽ ゜)
 
 
 
 この2行以上に、内容説明が思いつかないのですが、どうしましょうか。
 
 ウィキ兄貴に丸投げしちゃいましょうか⇒ http://tinyurl.com/5dbo3m
 
 
 
 一応、僕の「名エッセイ(名コラム)」の基準をあげておくと、
 「いかに普通の出来事を、面白く伝えられるか」ということ。
 
 面白い体験があって、それを文章にするのも、もちろん良いのですけれど。
 
 僕が、それよりもすごいと思うのは、日常のなんでもない体験を、
 すごく面白く読ませるような文章なのです。
 
 
 20冊ほど買ったエッセイの中で、『父の詫び状』の次に面白かったのは、
 浅田次郎さんの『極道放浪記』でした。
 
 たしかに、浅田さんの『極道放浪記』も、文章は面白い。
 でもそれ以上に、この本には、体験の面白さがあるんです。
 
 浅田さん自身が体験してきた、裏社会の仕組みを垣間見れる面白さがある。
 
 
 しかし、向田さんの『父の詫び状』の舞台のほとんどは、
 日常の、普通の暮らしの風景。
 
 普通の暮らしを、これだけ(といっても読んでない人には通じないが)
 面白く伝えられるという意味で、ナンバーワンだったのが、
 向田邦子著『父の詫び状』でした。
 
 
 これを読んだところで、当初の目的であった
 「メルマガの質を向上させる」というところに結びつくかどうかは、
 定かではないのですが。
 
 とりあえず、読んで面白かったことは、たしかです。



【紹介した本】
 
 『父の詫び状』 向田 邦子
 http://www.amazon.co.jp/dp/4167277018/ref=nosim/?tag=katonodoka-22

 『極道放浪記 殺られてたまるか!』 浅田 次郎
 http://www.amazon.co.jp/dp/4877286373/ref=nosim/?tag=katonodoka-22
 ↑この本も、普通に面白いですよ。おすすめ。


 
blogranking

 ↑ランキングに参加しています。面白かったらクリックしてください。
posted by 加藤のどか at 11:45| 高知 ☔| 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。