2009年03月20日

ダッシュ村のすごさ

ダッシュ村


 
 ダッシュ村を見ていて、本当にすごいなと思います。羨ましいなと思います。
 
 たぶん、ほとんどの人が、ダッシュ村の真のすごさを分かっていないです。か
 く言う僕も、最近ダッシュ村のすごさに、あらためて気が付いたんですから。
 
 米つくったりだとか、野菜つくったりだとか、ヤギ飼ったりなんていうのは、
 別にすごくはありません。あんなことはやろうと思えば、僕だって出来ること
 です。皆さんでも、簡単に出来る生活です。
 
 
 ダッシュ村のすごいところは、あの「土地」なんです。土地そのものの、すごさです。


続きを読む前に


 
 
 たびたびメルマガでも書いていますが、最近、山林を探しているんですよ。
 
 僕が思い描く理想の土地というのは、
 
 ・道の行き止まりにあり人が通らないこと
 ・周囲が人工林ではなく天然林(里山)なこと
 ・建物の周りに5〜6反の田畑があること
 ・水が豊富に使えること
 ・水源の上流に人家が無いこと
 
 
 さらに贅沢をいえば、
 
 ・交通の便が良いこと
 ・ADSLが引けること
 
 なんていう条件もあります。
 
 
 こういう条件を満たす土地というのは、山林をゼロから開発するというよりも、
 「昔は集落だった」という廃村(村というよりも、数軒の家跡があるところ)
 のほうが、向いています。
 
 僕は、そういう土地を探しているんですね。
 
 
 で、僕が住んでいる高知県山間部なんていうのは、高齢化率日本一の地域だし、
 過疎なんてレベルじゃなく過疎ってるところだし、「限界集落」という言葉が
 生まれた土地がそもそもこのあたりだし(高知県長岡郡大豊町が「限界集落」
 という言葉が生まれた、限界集落の本場です)。
 
 このあたりは、日本で一番「廃村(廃集落)」がある土地だといっても、過言
 ではないと思います。
 
 だから、先の条件を満たすような土地なんか、かなり簡単に見つかるかなー、
 と思っていたんですが。
 
 
 これが、なかなか見つからない。(゜△ ゜)
 
 
 良いロケーションだなー、と思うところは、まだ廃集落にはなっておらず、数
 人の住人がまだ生活していたりしますし。
 
 廃集落跡に、そのままスギやヒノキを植えてしまい、速攻で「森」になるケー
 スも多いですし。
 
 たまに良いかなと思うところは、僕でもうんざりするほどの、交通の便の悪さ
 だったり。
 
 「いいかんじの廃集落」が、ほとんど見当たらないんですね。
 
 
 そういう点を踏まえてダッシュ村を見てみると、あの土地というのは、本当に
 素晴らしい。僕にとって、かなり理想に近い土地です。
 
 傾斜は緩やかで、敷地内を歩き回るにも都合が良い。適度な広さの田畑がある。
 豊富な水源があり、その上流には誰も住んでいない。いや、そこまでは知らな
 いけれど、たぶんありゃ住んでいないと思います。
 
 道の行き止まりに位置しているのに日当たり抜群だし、周りは里山。しかもT
 OKIOの皆さんが通っているんですから、交通の便もかなり良いところにあ
 るのでしょう。
 
 
 すばらしい土地。AAA(トリプルエー)物件ですよ。
 
 
 おそらく、企画が立ち上がったときに、スタッフさんが東京近郊でいろいろ探
 したんだと思いますが。あらためて思う。日本テレビ(の下請け)のスタッフ
 さんよ、よくぞあんな土地を探した。あれは、ものすごい土地です。感心しま
 す。あの土地を探し出した貴方を、本気で尊敬します。
 
 一体、どうやってあの土地を探したんだろうか? 廃集落なんていうのは、不
 動産屋で扱っているわけもないし、農協や役場に聞いてもほとんど情報は無い
 だろうし。。。刑事の聞き込みのように、地元の人から情報を仕入れながら、
 ひとつひとつ当たっていくしか無いと思います。
 
 
 何がすごいって、ダッシュ村は、矛盾するいくつかの条件をクリアしないとい
 けないんです。
 
 
 タレントさんが撮影するという条件上、「行き止まり」という条件は必須のは
 ず。ところが、行き止まりになっている土地というのは、ほとんどが、傾斜が
 急だったりして、住むのに適さない土地なんですよね。(だからこそ、行き止
 まりになっているんです)
 
 また、あまり広い集落でもいけない。既に滅びて、人が住まなくなった、小さ
 な土地でないといけないですよね。
 
 つまり、「行き止まり」や「数軒の集落跡(適度な狭さ)」や「廃集落(地元
 の人は住めなくなった)」というマイナス条件と、「日当たりのよさ」や「水
 の豊富さ」というプラス条件を、共にクリアしなければいけないという、大変
 難しい課題なんですよ、これは。
 
 「住みにくい(各種マイナス条件を踏まえる)」から滅びたであろう、「住み
 やすい(各種プラス条件を踏まえる)」土地を探さなければならない。ダッシュ
 村というのは、そういう矛盾するいくつかの条件をクリアしている物件なんで
 す。だからすごいんです。素晴らしいんです。そして、羨ましいんです。
 
 
 ダッシュ村を見るたびに、僕は本当に羨ましくなっているんですよ。本気で良
 いなぁと思っているんですよ。おそらく、普通の人の羨ましさとは、かなりず
 れた羨ましさだとは思いますが、でも、本気で羨ましく思っているんです。


blogranking

 ↑ランキングに参加しています。面白かったらクリックしてください。

posted by 加藤のどか at 11:45| 高知 🌁| 田舎暮らしのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。